HOMETOPIAホームページへようこそ

こんにちは。
ホームトピア代表取締役の野島比呂司です。

数ある工務店の中から、当社のホームページを ご覧いただきまして本当にありがとうございます。

このホームページでは、
・当社の家づくりの特徴
・住宅の完成写真
・当社のお客様の声
・完成までの家づくりの流れ
・失敗しない資金計画

等についてご説明させていただいています。
多くのお客様は、家づくりは「難しい・大変」とお考えになられます。 しかし本当は「楽しく・シンプル」なものであると私は考えています。 そうお客様にも思っていただけるよう、私なりにホームページを工夫させていただきました。今回ホームページを見ていただけました「ご縁」が少しでもお客様に良いものになりましたら幸いです。

スタッフブログ 蓄熱式暖房機の特徴|富山 注文住宅 のホームトピア

こんにちは。
晴れの日が続くようになり、雪も少しずつですが減ってきました。
もう雪はいらないと感じているのは、私だけでしょうか。

さて今回は、蓄熱について話をしたいと思います。
蓄熱と言うと道路のアスファルトやコンクリートも蓄熱しています。
そのため晴れの日が続くと雪が積もりにくくなります。
逆に夏場は蓄熱してほしくないのに、蓄熱をしますので、ヒートライランド現象やカゲロウのようなものに影響を与えます。

住宅の場合、蓄熱と言うと「蓄熱式暖房機」ではないでしょうか。
今では光熱費が抑えられるということで、多くの新築住宅に設置をされています。
深夜の電気料金は、昼間の数分の一の価格で電気が使えます。
その電気を使い夜に熱をためて、昼に放熱をすることが蓄熱式暖房機です。
計算上は当社の場合蓄熱式暖房機が一台あれば家じゅうあったか!!と言いたいのですが、あくまで計算上ですので、諸条件の影響でうまくいかない場合も多くあります。

蓄熱式暖房機は灯油ファンヒーターのようにガンガン暖かい(むしろ熱い?)熱を放出するのではなく、ヤンワリと暖かい空気が放出されます。
そのために「2時間で家を暖める。」ということよりも、「家の室温をキープする」ことに使うような感じが私のお勧めです。
完全に冷え切った室内を暖める場合は、エアコンとの併用がいいのではないでしょうか。

また蓄熱式暖房機はその本体自身が暖かく、吹き出し口も床のすぐ上であることがほとんどです。
その時に材料によっては、木がやせてしまうこともよくあります。
当社の使用している木材の場合それは少ないのですが、さらにお勧めなのが木材に暖かい熱が当たり続けないようにするため、毛足の短いカーペットなどを暖房機の前に置くといいらしいです。

今年は暖房を使う機会が減ってくる頃ですが、また来年以降に参考になれば幸いです。
最後まで目を通していただきまして、ありがとうございました。

総天然木の家づくり ホームトピア店長 野島比呂司
光熱費 安い 暖房
蓄熱式暖房機の中身(画像はサンプルです)

 

スタッフブログ ヒートポンプの弱点|富山 注文住宅 のホームトピア

 こんにちは。
会社の前の雪もある程度なくなり、喜んでいたところまた積もってしまいました。
今年はどこまで雪が降るのでしょうか。

最近では暖房器具としても十分に利用できるほどのパワーを持っている、一般的なエアコンについてお話したいと思います。
エアコンには、室内に本体と、家の外に室外機が設置されています。
冬の場合室内には暖かい空気が吹き出しています。そして冷たい空気が外に排出されています。
大雑把に言うとエアコンの原理はこうです。

雪の少ない地域や時期は問題ないのですが、今年のように雪が多い年になると、室外機に問題が出てくる場合があります。
まずは下の写真をご覧ください。これが実はこの状態は、問題が起きやすいのです。
室外機の周りが雪や氷で覆われています。(実は写真は氷の解体と中の写真で、室外機の周り、360°に10センチ以上の氷で囲まれていました。)
この状態のままエアコンを動かすと、室外機は家の外に冷たい空気を排出することができなくなってしまいます。
もしそのまま運転させると、故障するかエラー表示が出てくるでしょう。

改善方法はとっても簡単で、雪が積もったら、室外機周りの雪を減らす。たったこれだけで、解決はできます。
とは言っても、落雪のある場所であったりすると、晴れた日でも問題になる場合があります。
定期的に状況を確認することが、何よりも大事なことかと考えられます。

屋根雪下ろしに、除雪に、つららに、と多くの問題が大雪によって発生をしています。
体調管理と一緒で、故障をする前の予防に少しでも力を入れることが、家にも重要なことかもしれませんね。
そういう自分もなかなか実践できていないので、頑張りすぎない程度に実践してみてはいかがでしょうか。
最後まで目を通していただきまして、ありがとうございました。

総天然木の家づくり ホームトピア店長 野島比呂司

暖房 故障 富山

スタッフブログ 「ブリケット」をご存知ですか?|富山 注文住宅 のホームトピア

 こんにちは。
最近黒色の軍手を使用している野島です。
「汚れが目立たない」とのことでしたが、黒色以外の汚れは逆によく見えています。

当社の常設展示場で、暖炉を動かすようになってもう三週間が経ちました。
イベントを知らずにご来場される方がほとんどなので、少々悲しいですが毎週暖炉を動かしています。

毎週暖炉を動かしているのですが、当社が燃やしているものは薪ではありません。
「ブリケット」と呼ばれるおがくずを高圧で固めた商品を燃やしています。
(下記の写真参照)
ちなみにおがくずは、当社の床材などにも利用されている十分乾燥した木材を利用しています。
プレカットなどで出たおがくずの再利用商品です。

この商品は男性の腕くらいの大きさで、意外と重いです。
そのためかじっくり燃えますので、暖炉の薪として十分機能しています。
薪とは違い変わった燃え方をしますので、ご来場の際はその点も見ていただけたらと思います。
ちなみにこの商品は販売もしています。
もしご購入をお考えの場合は、お声掛けください。
まだ暖炉マスターとは全く言えませんが、暖炉を見にご来場をしていただけたら幸いです。

総天然木の家づくり ホームトピア店長 野島比呂司

暖炉 薪 富山

スタッフブログ 積雪と地震|富山 注文住宅 のホームトピア

 こんにちは。
晴れの続いた日はいつになったら帰ってくるのでしょうか。
網戸に張り付いた雪を見ると、そう思ってしまいます。

本日は積雪と地震をテーマにお話ししたいと思います。
2月8日に佐渡で震度5強の地震がありました。
富山県でも震度2を観測したようです。
やはり日本は地震大国だと思ってしまいます。

ところで地震の面倒なところはいくつかあります。
例えば大きな傷跡を残した東日本大震災のような津波をともなうこと。
阪神淡路大震災のように、場所によっては震源地に近い所よりも遠いところの方が揺れが大きいこと。
今回の佐渡の地震を含めて、いつ発生するかわからないこと。
非常に厄介なものだと、思っています。

今回の地震では「大雪」の時に「強い揺れ」が発生しました。
その時に気になることとして、「屋根雪が多い時に地震があっても大丈夫なのか?」ということがあると思います。
富山県の場合は雪国ということもあり、新築住宅の強度は「積雪1mの雪が屋根に存在しても、地震で倒壊しない」ことが一つの指標となっています。
しかし間違っていただきたくないのは、「1m未満の屋根雪なら100%家は大丈夫!」ではありません。
地震の揺れ、余震、屋根雪の積もり方、住宅の構造、腐朽、様々な面で問題が発生することはあります。
十分に注意が必要なことは変わりません。

私がこのことをお伝えしたいと思うのは、「屋根雪下ろし」の目安として欲しいからです。
もちろん屋根雪がないことが家にとって良いことなのは間違いありませんが、安全な屋根雪下ろしも存在いたしません。
少しでも屋根に上る回数を減らせるようにと思い、このことを書いています。
もし屋根雪下ろしが必要になったときには、十分に気をつけて作業をしていただきたいと思います。

大雪も地震もない、平穏な日々が少しでも早く来てほしいと願いまして、文章を終えたいと思います。
最後まで目を通していただきまして、ありがとうございました。

総天然木の家づくり ホームトピア店長 野島比呂司


魚津 注文住宅
屋根雪の落下にも十分にご注意を!!

スタッフブログ 風邪の予防|富山 注文住宅 のホームトピア

 こんにちは。
最近、風邪が流行しています。
寒いので仕方ない部分があると思いますが、十分注意をして過ごしていただけたらと思っています。

さて今日は風邪の話をしたいと思います。
まず風邪にならないためには「予防」が大事です。
そこで住宅にできることは、家を「暖かく」かつ「乾燥しない」ことが重要になってきます。
暖かくすることは、断熱が不十分でもなんとか可能だと思います。
しかし暖かいだけでは、家は乾燥してしまい、喉の対抗性が弱まってしまいます。

家を暖めながら、乾燥を防ぐには「緑を育てる」「洗濯物を干す」「加湿器を動かす」などがあると思います。
当社の場合無垢材が過乾燥を防いでくれますが、暖炉で加湿をすることも可能です。
冬場は、毎週土日に暖炉を動かしていますので、体感をされにご来場をお待ちしています。
乾燥を防ぐための仕組みを少しでも感じていただけたらと思っています。

最後は家の外からウィルスを持ち込まないことが重要かもしれません。
手洗い・うがいなどを十分にして、冬を乗りっきっていただけたらと思います。

総天然木の家づくり ホームトピア店長 野島比呂司
 
ホームトピア
ホームへ
ホームトピアの特徴
完成住宅写真集
お客様の声
家づくりの流れ
社長挨拶・スタッフ紹介
常設展示場・完成見学会
会社概要
資料請求
スタッフブログ
採用情報

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS