HOMETOPIAホームページへようこそ

こんにちは。
ホームトピア代表取締役の野島比呂司です。

数ある工務店の中から、当社のホームページを ご覧いただきまして本当にありがとうございます。

このホームページでは、
・当社の家づくりの特徴
・住宅の完成写真
・当社のお客様の声
・完成までの家づくりの流れ
・失敗しない資金計画

等についてご説明させていただいています。
多くのお客様は、家づくりは「難しい・大変」とお考えになられます。 しかし本当は「楽しく・シンプル」なものであると私は考えています。 そうお客様にも思っていただけるよう、私なりにホームページを工夫させていただきました。今回ホームページを見ていただけました「ご縁」が少しでもお客様に良いものになりましたら幸いです。

イベント情報 3月17日より常設展示場でイベント開催|富山 注文住宅 のホームトピア

こんにちは。
晴れると暖かいですが、夜になると冷え込む日が続いています。
花粉などにも注意が必要な時期になりましたね。

3月17日から魚津市江口(辻わくわくランドさん付近)の当社常設展示場でイベントを開催いたします。
イベント当日は、カードを消すマジックをする人も、屋台で焼きそばを焼く人も、かわいいキグルミのお出迎えも、残念ながら存在しません。申し訳ありませんが、予算の都合上それらはありません。
しかし総天然木の家をゆっくりとみていただけることと、満足をしていただけるプレゼントを用意しています。

そのプレゼントですが、お客様がご自分で図面をかけるソフト(CADソフト)をプレゼントいたします。
パース(住宅完成予定写真のようなもの)までお客様がパソコン一つで作ることができます。
意外と簡単に書くことはできますので、ぜひトライしてみてください。
もちろん無料でプレゼントをさせていただきます。

もう一つは「資金計画の小冊子」をプレゼントいたします。
住宅ローン減税などの良い話は、インターネットで簡単に検索できます。
しかし住宅に関係する出費について、簡潔明瞭で価格表示をしてありおもしろい情報源を私は知りません。
固定資産税や土間コンクリート、引越祝いの相場などをご自分で計算できる小冊子になっております。
こちらも無料でプレゼントをさせていただきます。

当日は暖炉を運転しようとも考えております。
まだ寒い日がありますが、暖炉の暖かさと、燃える美しさをご覧いただけたらと考えています。

もしお時間がございましたら、ぜひ当社の展示場まで足を運んでいただけたら幸いです。
ご来場いただけること、スタッフ一同心よりお待ちいたしております。

総天然木の家づくり ホームトピア店長 野島比呂司

ぜんそく アトピー

スタッフブログ 完成見学会の見どころ その2|富山 注文住宅 のホームトピア

 こんにちは。
雪がようやく溶けたと思ったら、また降り出しました。
風も非常に強いので、外に出られる際は注意をしていただけたらと思います。

前回に引き続き「完成見学会の見どころ」を書いてみようと思います。
本当は別の話題にしようと思っていましたが、最近風が強いのでその話題を取り上げてみようと思いました。

当社ののぼり旗が数十メートル吹き飛ぶほどの突風が先日ありましたが、その時にご来場していただきましたお客様とお話していたことです。
「展示場の中は静かですね」ということです。
しかし当然ですが、ドアを開けると風きり音も風も部屋の中に入ってきます。

音がしない理由は「気密が良い」ことが挙げられます。
気密とは、簡単に言うと家の隙間です。
その隙間が大きいと、冷暖房費が多く必要になります。
古い建築物は断熱も悪いですが、この気密にも問題があることが多いです。

気密と音の関係ですが、これも関係があります。
実は私たちが話をしたり、何かの音を聞いたりするのには「空気」が必要です。
空気を振動させることで、音になります。
つまり家の外部と、家の中の空気が直接接していない部分が多いほど、外の音が聞こえにくくなります。
高気密の住宅は、冷暖房費も安くなるし、外の音も聞こえにくくなる(逆の表現は、家の中の音も外に聞こえにくい)のです。
当社の展示場にご来場の際は、窓を開けていただき、どのくらい音の違いがあるのか聞いていただけたら幸いです。
最後まで目を通していただきまして、ありがとうございました。

総天然木の家づくり ホームトピア店長 野島比呂司

スタッフブログ 完成見学会の見どころ|富山 注文住宅 のホームトピア

 こんにちは。
先日、高校の入学試験の準備をしている場面に出くわしました。
「15年前に自分はあの場所にいたんだ…。」と思って見ていました。
「何年前だっけ?」と計算したことで、時が経つのは早いと改めて感じました。(それと同時に老いも感じましたが…。)

3月17日より当社の常設展示場でイベントを行います。
その時に「完成見学会では、ここを見てほしい!!」と私が勝手に厳選した場所・状況をお伝えしたいと思います。

当社の見どころとして、「総天然木の家」があります。
30ミリの無垢の床材を使っていることで床暖房がなくても床が暖かいとか、節のないきれいな天井羽目板を惜しげもなく使ってることなどがあります。(展示場は床の気持ちよさを感じていただくため、スリッパはございません)
しかしその部分に目を奪われてしまい、天井高さをみなさん見落としされる方が多いです。
当社の天井高さは他社さんの天井と比較して、30センチほど高い天井高さになっています。
お客様のお言葉をお借りすると、「これだけ天井が高いと、吹き抜けが無くても十分だね」と何度もお聞きしたことがあります。
30センチの高さが生み出す解放感(二階部分はもっと開放的です)を見ていただけたら嬉しいです。

もう一つはお子様と一緒にご来場される方が必見です。
大人の方は「ふんだんに木を使っている家だ〜。」「高そうな作りになっていますね〜。」というお言葉をいただきます。
もちろんそれはありがたいお言葉として、受け取らさせていだいております。
しかしお子様は大人とは違い、感想を行動で示されることが多いようです。
お子様と一緒にご来場されたお客様が帰り際に、この子がこんなにはしゃぎ回る展示場は初めてだ!」とおっしゃられることが何度もありました。(当社はお子様用の遊具は特に配置してありません。純粋にテンションが上がっているようです。)
その理由はよくわからないのですが、何かをお子様は感じているのかもしれませんね。
もしお子様とご来場の際は、「普段と何か違うアクションをしていないか?」とお子様を良く見られるのも面白いかもしれませんね。

最後にお伝えしたいこととして、当社の標準採用している建材・商品をまとめたカタログが完成しました。
写真をきれいに配置して、「使用している建材」「その建材を選んだ理由・特性」を知ることができるようにしています。
ぜひご来場の際はご覧になっていただきたいと思っています。

今回は少し目先の違った展示場の見方をお伝えさせていただきました。
このような部分まで含めて、ごゆっくりと完成見学会を楽しんでいただけた幸いです。
最後まで目を通していただきまして、ありがとうございました。

総天然木の家づくり ホームトピア店長 野島比呂司
 

スタッフブログ 補助金とエコポイント|富山 注文住宅 のホームトピア

 こんにちは。
今日は4年に一度のうる日ですね。
その貴重な日に負けないような、貴重な話をお伝えできればと考えています。

最近勉強会に行くことがありまして、そのお話が皆様のお役にたつのではないかと思いましたので、今日はその話をしたいと思います。
その内容は「補助金」です。
あまりにも補助金がありすぎて、これを書いている自分でも完璧に把握できないくらい様々な形での補助金があります。

その理由として、補助金の財布が異なることが挙げられます。
今までは「住宅=国土交通省(旧建設省)」だけでしたが、スマートハウス・スマートグリッド等のような、地域ぐるみで住宅を考える時代がきたということでしょうか。
ちなみにスマートハウス単体についてはあまり大きな補助金の予定はないようですが、「スマートハウス+太陽光発電」で165万円の工事補助金があるようです。
今までは太陽光発電で30万円前後(設置内容や市町村ごとで異なる)の補助金でしたから、大きな金額アップが望めます。
しかし住宅の仕様によっては165万円をそのまま使えるわけではありませんので、ご注意をお願いします。

また一時無くなっていました、「エコポイント」が復活しました。
前回は30万ポイントありましたが、富山県の場合は今回半分の15万ポイント(最大で17万ポイント)になります。
しかも復興支援ということで、「被災地の商品と半分以上交換すること」が条件のようです。
少々回りくどい感じがすると思いますが、少しでも東北の力になるのならと思ってしまいます。
「米沢牛」や「喜多方ラーメン」などを選んだらすぐになくなる可能性もありますね。
ちなみにリフォームもポイントがついて、最大45万ポイント当たります。

長期優良住宅についても名前を変えて「地域住宅ブランド化事業」として100万円の補助金が受けられるようです。
また燃料電池(商品名 エネファーム)などに関しても、最大85万円の補助があるようです。
富山県の場合はプロパンガスが多いので、少々不向きな感じがしますが、私自身は結構興味があります。

最後になりますが、今回記載した補助金をすべて合算していただくことはほとんどできません。
また今回お伝えさえていただいた補助金関係は、当社でも利用可能です。
お客様の状況をふまえて、当社標準仕様よりも付加しなくてはいけないものなどがありますので、ご注意をよろしくお願いします。
今回は漠然と話をして詳しい内容を書いていませんが、詳しく話をお聞きしたい場合は当社の担当者まで連絡をいただけると幸いです。
最後まで目を通していただきまして、ありがとうございました。

総天然木の家づくり ホームトピア店長 野島比呂司
 

スタッフブログ スマートハウス始めました。|富山 注文住宅 のホームトピア

 こんにちは。
東京マラソンを見ていると、天気が良くてうらやましいと思ってしまいました。
健康のためにはマラソンほどではなくても、少しの運動は必要ですね。

本日は「スマートハウス」についてお伝えをしたいと思います。
最近ではCMでもスマートハウスについて良く放送されています。
しかし「スマートハウスって何?」とか「どんなメリットがあるの?」とか「富山の工務店レベルの会社で施工できるの?」について、非常に簡単ですがお話をしたいと思います。

まず「スマートハウス」の定義についてお話したいと思います。
「ITをつかい、家庭の電気使用量を削減する。その結果太陽光発電や蓄電池の効果をさらに引きだすことができる。そしてどのくらい得をしているのか、確認することができる(内容要約)」ということが定義のようですが、さらに言うと「電気代の安い家をITで作る」ということでしょうか。
震災の影響で電気自動車から電気の供給を受けることがありますが、これは直接的にはスマートハウスとあまり関係がなさそうです。(電気の供給元はスマートメーターというものがありますが、これはスマートグリッドに関係するものです)

ではスマートハウスにすることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。
私の知っている限りでは「お客様は漠然と得した気分になれる」くらいのものでしょうか。
どのくらい得になるのかは簡単に言うと、お客様次第の部分が大きいです。「年間5万円が安くなる。」みたいな情報はまだ出ていないことと、今ある家につけるのではなく、生活が一変する新築につけられることがほとんどだからです。結局比較対象がないと、少しわかりにくい部分が多いです。
またどのくらい電気を無駄に使用しているのかわかることで、10%の電気使用量を自主的にできる。と言われているようですが、スマートハウスは太陽光発電とセットになることが多いことが実情です。
実は太陽光発電でも、家庭内でどのくらいの電気使用量かを見ることができます。
詳しく突き詰めると違うのでしょうが、大したものではないと私は思っています。

また施工に関してですが、結構簡単に施工できます。
部品が二つ三つ増えるくらいですので、仕組みさえ知っていれば当社のような地域の工務店クラスでも十分対応可能です。
部品が少ないので、結構価格も安く施工できます。

最後にスマートハウスについて、私の考察をしたいと思います。
富山県では助成金も今現在ありませんし(10万円の補助金が出る可能性もあります)、「電気を賢く使う」なら太陽光発電とその周辺機器だけで十分効果を発揮すると思います。
今後「スマートグリッド(←これが実現すると素晴らしいものです)」と言われるものが普及をしてきたとしても、今現在はそれにしっかり対応可能なものであるとも考えにくいです。
どんどんスマートハウスを作ってもらって構いませんが、効果はあまり見えない感じがするかと思います。

スマートハウスに必要な機器を販売している会社とも付き合いがあるので、今回お伝えした内容をホームページにアップすることは少々心苦しいです。
間違いなどあるかもしれませんが、大筋はこのようなものであると考えていただけたら幸いです。
最後まで目を通していただきまして、ありがとうございました。

総天然木の家づくり ホームトピア店長 野島比呂司
ホームトピア
ホームへ
ホームトピアの特徴
完成住宅写真集
お客様の声
家づくりの流れ
社長挨拶・スタッフ紹介
常設展示場・完成見学会
会社概要
資料請求
スタッフブログ
採用情報

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS