HOMETOPIAホームページへようこそ

こんにちは。
ホームトピア代表取締役の野島比呂司です。

数ある工務店の中から、当社のホームページを ご覧いただきまして本当にありがとうございます。

このホームページでは、
・当社の家づくりの特徴
・住宅の完成写真
・当社のお客様の声
・完成までの家づくりの流れ
・失敗しない資金計画

等についてご説明させていただいています。
多くのお客様は、家づくりは「難しい・大変」とお考えになられます。 しかし本当は「楽しく・シンプル」なものであると私は考えています。 そうお客様にも思っていただけるよう、私なりにホームページを工夫させていただきました。今回ホームページを見ていただけました「ご縁」が少しでもお客様に良いものになりましたら幸いです。

スタッフブログ 温度計と体感温度

こんにちは。

山の方は結構白く見えるようになってきました。

そろそろタイヤ交換など冬の支度を始める必要がありそうですね。

 

冬の支度ではありませんが、当社では事務所の暖房器具が今まで石油ファンヒーターだったのですが、今年からエアコンに変わりました。

最近寒い日もありますので、エアコン暖房をつけると温度表示より寒く感じました。

当社事務所には温度計と湿度計がいつもおいてありますので、それを見てなるほどと思いました。

 

・温度計と体感温度

温度計は温度を表示しています。

しかし人間は温度だけではなく、湿度や熱線等でも暖かさを感じます。

いわゆる体感温度です。

 

当社の事務所は温度が24度でしたが、湿度が30%くらいになっていました。

実は湿度が低いと人は寒いと感じやすくなります。

物の本では10%湿度が下がると1度体感温度が下がると聞いたことがあります。

石油ファンヒーターは「湿度(水)と熱」を同時に供給してくれますが、エアコンは「熱」だけを室内に供給します。

そのため石油ファンヒーターはエアコンと比較して暖かい、と感じるのだと思います。(勿論それ以外にも、足元が暖かいことやファンヒーターの前は結構な高温であることも重要かと思います。)

エアコンの性能も良くなり、電気代等の問題を次々解決してくれていますが、はやり暖かさの面だけではまだ石油ファンヒーターは侮れないと思いました。

 

総天然木の家づくり ホームトピア代表 野島比呂司

 

PS. 高気密高断熱の住宅で石油ファンヒーターを使われる場合は、一酸化炭素中毒にならないよう、十分な換気を忘れずにお願い致します。

 

スタッフブログ 他人の正解は必ずしも自分の正解ではない

こんにちは。

10月にもかかわらず暑い日が結構あって苦しんでいる野島です。

とはいっても自分だけ暑いようなので、もっと困った感じがしています…。

 

先日東京であるセミナーに参加をしてきました。

そこでは正解のない問題が出されて、AとBのどちらが優れているのか数名のグループで採点をしあうということをしていました。

そこで私の正解と、皆さんの正解が結構違い、「わからないものだな…。」としみじみ感じました。

 

・他人の正解は必ずしも自分の正解ではない

私の仕事でもそうなのですが、色きめや間取り作成などはなかなか明確な正解はないのではないかと思っています。

それは当社が建てているのは注文住宅という、お客様に寄り添った・ご希望に沿った住宅を建てているからです。

例えばこんな屋根の形なら、色の定番は●●、と思ってお客様におすすめしても、一蹴されることも多々あります。

定番が必ずしもお客様にとってのストライクとは限らないからです。

 

極端な表現をすれば、「玄関を開けるとすぐ寝室とお風呂がほしい」とご希望されれば、それを実現することが注文住宅ではないかと私は思っています。

(もちろんそのままお客様の話を聞くのではなく、プロの仕事として、しっかりと確認、ご提案はさせていただきます)

お友達や知人が■■をおすすめしても、「■■は本当に自分に合ったものなのか?」と考えて家づくりをする必要もあると思います。

家は数十年住む大切なものですので、短絡的に考えるのではなくしっかりと考え、間違いのない家づくりをするように頑張っていただけたらと思います。

 

総天然木の家づくり ホームトピア代表 野島比呂司

 

スタッフブログ 全技連マイスター

こんにちは。

今年も残りが少なくなってきたと思っている野島です。

毎年思っていますが、今年こそは年末バタバタしなくていいようにしたいと思っています。

 

本日は当社の業者さんのお話をしたいと思います。

その方は富山県に数十人しかいない全技連マイスターの一人で、内装(クロスやカーテン)をお願いしている川口内装さんといいます。

全技連マイスターとは20年以上その職務に就き、本人の技術だけでなく若手の育成にも力を入れている方が認定されるそうです。

 

その全技連マイスターの人たちが集まって「匠の技フェア」というものを、富山駅前広場にて開催いたします。

期間そのものは10月11日から23日まで開催されます。

時間は10時から5時の間です。

また川口内装さんはランプシェードを作るコーナーを担当され、10月15・16・22・23日の土日、計四日間に出られるようです。

もしご都合が合いましたら、参加をしていただけたら幸いです。

 

総天然木の家づくり ホームトピア代表 野島比呂司

スタッフブログ 得意なこと、不得意なこと

こんにちは。

田んぼが半分近く稲刈りされ、新米が待ち遠しい野島です。

食欲の秋はすぐそこですね。

 

先日インターネットを見ていたら、「役作りで太ることが大変だった」という女優さんがいました。

私自身はその逆で、太ることは得意ですが、痩せることは持続しないという問題を抱えています。

まぁ、食欲の秋と考えている時点で問題なのかもしれませんが…。でも私に近い考えの方が多いと信じています。

 

・得意なこと、不得意なこと

先ほどの話ではありませんが、人によって同じことをしても得意なこともあれば、不得意なこともあります。

住宅の仕事に携わっていると、それを感じることがよくあります。

資金計画をしていると、すぐに必要な経費を図示できるお客様から、全部こちらからお伝えして図示しても完全にご理解をいただけない場合もあります。

こちらの伝え方やツールが悪い場合も大いにありますが、お客様によってご提案する手法を変えなくてはいけないと感じる時もよくあります。

出来る限り難しい内容であっても簡単に感じていただける、負担に感じていただくことの無いように少しでも努力をしたいと思います。

 

総天然木の家づくり ホームトピア代表 野島比呂司

 

スタッフブログ 価格が高い理由

こんにちは。

今年は台風の数そのものは少ないですが、台風の被害が多い感じがしています。

軽視をしているわけではありませんが、改めて自然の強さを感じてしまいました。

 

先日ニュースで“NSX”というスポーツカーについて書いてあるのを読みました。

私自身車の知識は少ないのでスペックそのものはよくわかりませんでしたが、とにかく価格が高いことが驚きでした。

これは値段に見合った商品なのか考えてしまいました。

 

・価格が高い理由を考える

車の場合は比較的○○だから価格が上がる、■■の性能だから高い。等が住宅と比較して分かりやすいと思っています。

なので今回も価格なりの性能などがあるのではないかと想像しています。

しかし住宅の場合、同じような設備、同じような建材、同じような大きさであっても、会社によって数百万円ほど変わることはよく見受けられます。

むしろ性能比較をしたら、性能の良い方が価格が安いという逆転現象もよく見受けられます。

そのような場合、様々な要因があると思いますが、多くは住宅本体の価格や材料費ではなく住宅本体以外の費用(広告費・人件費等)の影響が多いのではないかと思います。

なぜ「この会社はこんなにお値打ちな住宅を提供しているのか」を考える時の、参考の一つにしていただけたら幸いです。

 

総天然木の家づくり ホームトピア代表 野島比呂司

 

ホームトピア
ホームへ
ホームトピアの特徴
完成住宅写真集
お客様の声
家づくりの流れ
社長挨拶・スタッフ紹介
常設展示場・完成見学会
会社概要
資料請求
スタッフブログ
採用情報

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS