HOMETOPIAホームページへようこそ

こんにちは。
ホームトピア代表取締役の野島比呂司です。

数ある工務店の中から、当社のホームページを ご覧いただきまして本当にありがとうございます。

このホームページでは、
・当社の家づくりの特徴
・住宅の完成写真
・当社のお客様の声
・完成までの家づくりの流れ
・失敗しない資金計画

等についてご説明させていただいています。
多くのお客様は、家づくりは「難しい・大変」とお考えになられます。 しかし本当は「楽しく・シンプル」なものであると私は考えています。 そうお客様にも思っていただけるよう、私なりにホームページを工夫させていただきました。今回ホームページを見ていただけました「ご縁」が少しでもお客様に良いものになりましたら幸いです。

スタッフブログ 樹脂サッシの裏話

こんにちは。

小学校とかは夏休みに入ったみたいですね。

それに対して大人の夏休みはどうしてこんなに短いの?と思っている野島です。

 

最近ですが窓サッシ屋さんと話をすることが多くありました。

その時に自分が気になることを聞いていたのですが、そのほとんどが「樹脂サッシ」についてです。

最近樹脂サッシを採用されているメーカーさんが増え、当社も検討をしています。

しかし自分の感覚と、樹脂サッシの性能のズレみたいなものがありその辺を聞いたので、簡単にまとめてみたいと思います。

 

・樹脂サッシの裏話

自分が思っている樹脂サッシのイメージは、

・開ける時重たい

・カラーが少ない

・割れた時など直せない

・劣化がアルミよりもする

・アルミ樹脂複合サッシと性能が極端に違わないので、元が取れない

以上が、あくまで数値的なものではなく、自分の持っている印象です。

 

一つ一つ解答していくと、窓サッシを開ける時は重たいのは重たいそうです。

商品の作り方や伸び縮みがしやすいことが関係しているようです。

 

カラーに関しては、サッシメーカーさんで少し判断が分かれます。

複数色を持っているメーカーさんや一色いしかないメーカーさんもあります。

 

割れた時の補修等は結構完璧に分からない部分にまで直りそうです。

補修前と補修後の写真を見た感想です。

しかし数年たつと他と劣化の速度が違うので、分かる場合があるようです。

 

劣化は場合によりけりみたいです。

樹脂サッシの成分で大量の塩が使われている影響もあり、塩害地域はかなり樹脂サッシは有効ではないかと思います。

それ以外の地域でも大した差は無いような結果を見ました。

 

最後は採算がとれるかどうかです。

仕入れ値等にも左右されそうですが、計算上では全くもって採算は取れないようです。

しかし結露(窓の上や壁体内を含めて)の問題などもありますので、場合によっては採算が取れる工務店さんもあるかもしれません。(詳しい理由を聞きたい方は担当者にご確認ください)

 

自分なりに解釈したら以上のような話になりました。

面白い話で、サッシ屋さんでも「樹脂サッシが一番」と「アルミ樹脂複合サッシが一番」と意見が異なるようです。

どの部分にフォーカスするかで、意見が異なるようです。

少しでも皆様の家づくりの参考になりましたら幸いです。

最後まで目を通していただきまして、ありがとうございます。

 

総天然木の家づくり ホームトピア代表 野島比呂司

 

トラックバック

トラックバックurl:

トラックバック一覧:

ホームトピア
ホームへ
ホームトピアの特徴
完成住宅写真集
お客様の声
家づくりの流れ
社長挨拶・スタッフ紹介
常設展示場・完成見学会
会社概要
資料請求
スタッフブログ
採用情報

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS