HOMETOPIAホームページへようこそ

こんにちは。
ホームトピア代表取締役の野島比呂司です。

数ある工務店の中から、当社のホームページを ご覧いただきまして本当にありがとうございます。

このホームページでは、
・当社の家づくりの特徴
・住宅の完成写真
・当社のお客様の声
・完成までの家づくりの流れ
・失敗しない資金計画

等についてご説明させていただいています。
多くのお客様は、家づくりは「難しい・大変」とお考えになられます。 しかし本当は「楽しく・シンプル」なものであると私は考えています。 そうお客様にも思っていただけるよう、私なりにホームページを工夫させていただきました。今回ホームページを見ていただけました「ご縁」が少しでもお客様に良いものになりましたら幸いです。

スタッフブログ 外気温がマイナス付近の時の対策

こんにちは。

当社の事務所は天窓がついているので普段明るいのですが、雪で完全に埋もれて暗くなっています。

当たり前と感じていたことが、何かの拍子に当たり前でなくなるとビックリするものですね。

 

富山県は雪国ですね。と感じるくらい雪が多いです。

しかし雪の多さはあまり気にならないのですが、今回は温度が低温すぎますね。

当社の方にも外水栓の凍結をしたとの連絡が、多く聞かれました。

今回は低温の時に住宅関係で気にしたい内容を、少しまとめてみたいと思います。

 

・外気温がマイナス付近の時の対策

まずは水関係です。

外部水栓は出来る事であれば少しで良いので流しっぱなしをすると、凍結はしにくくなります。

しかし最近はめっきり減って居るのですが、ボイラーも気にする必要があります。

ボイラーの電源を消して、お湯の蛇口を流しっぱなしにすると凍結が防げます。

(もちろん電源を入れるとなお凍結しにくいですが、燃料が無駄に減りますのであまりお勧めしないです)

エコキュートはそれ自身が結構熱を持っているので、富山県の場合でしたら特に対策は不要ではないかと思います。

 

次は暖房関係です。

煙突がついているものは特に注意が必要です。

FFファンヒーターや暖炉(ペレットストーブ・薪ストーブ)は煙突があり、これらが雪で全部ふさがれると家の中に一酸化炭素など有害物質が逆流するので、注意が必要です。

使われる前には煙突周りがクリーンかどうか確認が必要です。

それとエアコンなどのヒートポンプを使う暖房も注意が必要です。

ヒートポンプの周りに雪が覆いかぶさると、異常停止することがあります。

またヒートポンプの後ろ側のフィン部分が凍っていると、効率が悪くなるので気づいたらきれいにした方がいいと思います。

蓄熱式暖房機だけは電気代が上がったあおりはありますが、雪には特に対策不要で便利です。

 

最後落雪などの雪関係です。

つららなど凍っているものが落下をすることがありますし、大量の雪で身動きが取れなくなる可能性もありますので注意が必要です。

それだけでなく最近は太陽光発電の設置が多くなった影響で、落雪の被害が多く報告をされています。

落雪は雪が降っているときも、温度が上昇しているときもどちらも気にしなくてはいけないかと思います。

また落雪ではありませんが、雪が増えた場合は屋根雪下ろしも必要です。

特に一度凍った雪は、比重が大きく、見た目以上に重たくなります。

必要に応じて雪下ろしが必要です。

 

細かな話をすればまだほかに気になることもありますが、ざっくりお伝えするとこんな感じではないでしょうか。

風邪などの体調面も気にする必要がありますが、日々の生活を守るためにすべきことも頭の片隅に置いていただけたら幸いです。

 

総天然木の家づくり ホームトピア代表 野島比呂司

 

スタッフブログ 工務店を選べない悲劇

こんにちは。

2018年になり、今年も目標を設定した野島です。

しかし毎年設定している目標があるので、今年こそはクリアしないといけないと思っています。

 

新年になると、家づくりをご検討され始める方が、最近では結構増えてきました。

今年の場合は消費税の増税が見えてくることもあり、少し早目の動きがあるのではないかと思っています。

私はいつも家づくりをされるのであれば、一日でも早い方がいいとお話をさせていただきます。

家づくりは本当に多くの事を知らなくてはいけないですし、手続きも必要ですし、とにかくいくら時間があっても足りないと感じるのではないかと思います。

 

・工務店を選べない悲劇

先ほどはお客様の都合について話をしていましたが、会社側にも問題となることがあります。

それはお客様が良い会社さんを見つけても、その会社が仕事を受けてくれないという悲劇となることがあります。

良いものを建てたいという気概の会社さんは、多くの場合「仕事の量」を追うことなく、「仕事の質」に注目をします。

言い方を変えると、良いものを建てるためには、お客様に待っていただくことを必要な事と考えます。

 

当社は人が少ないこともあり、こちらを選ばざるを得ないのですが、無理な仕事量を追うことは特にありません。

もちろんお客様の入居したい時期に家づくりをしてあげることも、良いサービスなのだと思います。

ですが良いものに時間が必要と感じてもらい、それに共感をしていただき、お客様と私たちと手を組ませていただき良いものを建てられることが、良いサービスであると当社は今後も考え実行をしていけたらと思います。

つたない文章になりましたが、最後まで目を通していただきまして、ありがとうございました。

 

総天然木の家づくり ホームトピア代表 野島比呂司

 

2018年 ご挨拶

あけましておめでとうございます。

2018年が皆様にとって良い一年になる事をお祈りいたします。

 

2018年も皆様の応援もございまして、多くの仕事をさせていただいております。

様々な形であれ少しでも恩返しできるよう、努力をしていきたいと思っています。

2018年は早い時期に完成見学会を2回開催したいと思っています。

こちらのホームページでもご案内をしたしますので、お時間がございましたらこちらのホームページをご覧頂けたら幸いです。

 

2018年は当社は大きな改革を迎える事にしようと思っています。

その時期が来ましたら皆様に分かりやすいように、ご案内をさせていただきたいと思います。

またこちらのホームページも更新を頑張っていきますので、時間がございましたらのぞいていただけたら幸いです。

最後まで目を通していただきまして、ありがとうございました。

 

総天然木の家づくり ホームトピア代表 野島比呂司

 

スタッフブログ 無駄なことは本当に無駄なのか

こんにちは。

年末のあいさつに回ったところ、少し痩せたとの話を頂き喜んでいる野島です。

痩せる事よりも健康になることを、もう少し気に来た方がいいのではないかとも思っていますが…。

 

今年も残りが少なくなり、自分として2017年を振り返ってみました。

本年も今までと同じように、一つ一つを積み重ねながら、お客様に少しでも喜んでいただける家づくりに精進してきました。

どのような部分にご共感を頂けたかわかりませんが、少しでも皆様の家づくりが良いものになったと感じていただけたら幸いです。

 

それと私事になりますが、2017年は今までのように仕事のみに時間を割くことが出来なくなりました。

どのようにして同じ業務量を短い時間でできるようになるか考え、行動する一年でした。

その中でも効果があったのは、無駄なことを少しでもしないようにしようとしたことです。

 

・無駄なことは本当に無駄なのか

無駄なことをなくしていくと、思ったよりも時間を作れるようになったと感じています。

しかし無駄だと思っていたことどんどんやめていくと、どんどん仕事が楽しくなくなってきました。

あくまで私のイメージ的に、ただ業務をしているマシーンの様なイメージが強くなってきました。

来年はメリハリをつけて、無駄の中の何が自分に必要なのか見極め、上手に無駄に向き合いたいと思います。

 

本年一年間も当社のホームページ、並びにホームトピアを御贔屓にしていただきましてありがとうございます。

2018年もまた引き続き当社のホームページ、並びにホームトピアを宜しくお願い致します。

 

総天然木の家づくり ホームトピア代表 野島比呂司

スタッフブログ お値打ちな商品は理由まで聞く

こんにちは。

確認申請の書類を作っていると、2018年の文字が出てきて、今年の残りが少ないと感じ始めた野島です。

あと二か月の間に、今年の目標が達成できるようにまた努力をしていきたいと思います。

 

先日当社が加盟している「夢ハウス」という新潟の会社に研修に行ってきました。

最近プライベートブランド(PB)という、会社独自で作り上げる商品がありますが、この夢ハウスさんもこのプライベートブランドが大好きな会社です。

独自の商品が多すぎて、主力商品の無垢の床やドアなどの商品だけでなく、最近ではベッドも作り始めていました。

良いベッドのようで、「最近では天皇陛下もこれでお休みになられたことがある」と豪語していました。

 

・お値打ちな商品は理由まで聞く

このベッドなのですが、ある大手の家具屋さんの場合「99.9万円」らしいのですが、夢ハウスさんの商品の価格はその十分の一程です。

プライベートブランドですので、少しの違いはあるのかもしれませんが、ほぼ同じ商品が破格の値段設定になっていました。

 

その方面のプロであれば、価格なりのものかそうでないかは、見たり触れたりしたらわかるかもしれません。

しかし多くの場合プロではないので、本当に価格が高いか安いかは商品だけでは判別がつきません。

なのでなぜこの価格になっているのか、という話をしっかり聞き、「だから安いんだ!」と腑に落とす作業も必要だと思います。

ベッドに限らず良い商品を見分ける目を養うと、お得な買い物ができるようになるのかもしれませんね。

 

総天然木の家づくり HOMETOPIA 代表 野島比呂司

 

PS.夢ハウスさんのベッドを当社でも購入しましたので、もしお時間がありましたら体感をしていただけたらと思います。ただ届くのが来年になるようなので、その頃に体感をしていただけたら幸いです。

ホームトピア
ホームへ
ホームトピアの特徴
完成住宅写真集
お客様の声
家づくりの流れ
社長挨拶・スタッフ紹介
常設展示場・完成見学会
会社概要
資料請求
スタッフブログ
採用情報

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS